荷物を降ろせ
重荷を降ろして自由になるんだ
荷物を降ろせ
そして
おまえの重荷をオレに担がせろ
—ザ・バンド
(“The Weight”より)

 

YouTube Preview Image

こんにちは。
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

ええ、わたしも宮仕えの頃は、
大きなバッグで通勤していました。

通勤距離が長かったので、
身の回りのものだけでなく、
本が数冊入っていたんです。

読むのが速いので、
1冊では足りない。
仕事の資料もあったし、
ずっしり感がハンパなかったです。

 

行きは右肩、帰りは左肩と、
片方にだけ負担がかからないよう
気をつけてはいましたが、
それがケアにならないほどの重さ。

 

いまは通勤することがなくなりました。
でも、ミーティング、
出張カウンセリング、
ショッピング・アテンドと、
外出する機会はなくなりません。

 

すこしでも快適にバッグをもつために、
3つの工夫をしています。

 

1)荷物を減らす。

2)取り出しやすくする。

3)2wayタイプを使う。

 

 

1)化粧ポーチとお財布をチェック

荷物を減らそう!
どなたでも最初に考えることでしょう。
外出の際に持って出かけるものは、
基本的に大きく変わりません。
わたしが見直すのは2ヶ所だけ。
ついつい放り込んでしまう化粧ポーチと
知らないうちに紙類、カード類で
膨らんでしまうお財布です。

なので、必要以上にモノを入れないよう、
最初から小さいポーチにしています。

増えるカード類は
財布とは別にカード入れをつくり、
出かける場所によって必要なものだけを入れ替え、
ふだんはあまり持ち歩かないようにしています。

 

2)タテにしまう

以前はよく、
バッグの中でモノが行方不明になりました。
パソコン関係の持ち物も多いので、
定員が揃っているかすぐわかり、
取り出しやすく、仕分けしやすい
サンワダイレクトの「GRID-IT! 」
使っています。

 

photo:sanwa direct

 

A4サイズ1枚1,500円程度。
パズル感覚で収納できるのが楽しい。
バッグには立ててしまえるところが、
スペースを取らない秘訣です。

 

photo:sanwa direct

 

3)重くなったらリュックや
ボディバッグにする

持ち手を変えればショルダーやリュックに、
持ち手を外せばクラッチにもなる、
2way、3wayタイプのバッグ。
便利だけど
中途半端なデザインばっかりだったのは、
ひと昔前の話。

肩ひもが細い
タウン仕様のリュックも軽量で
おしゃれなデザインが増えています。

 

ひとつで3つの使いかたができるバッグを愛用中。ふだんはショルダー、パソコンありならリュック、荷物が少ないときはクラッチになる。

 

ただ、軽いからといって、
オールナイロンなどの
カジュアルすぎるデザインは
大人が持つクラス感に欠けるので、
部分的に革が使われているデザインがいいでしょう。

 

取材で撮影の仕事をしていたときは、
メンズのボディバッグを
腰に巻いて使っていました。
本体とは別に、小さいポケットが3つあり、
替えレンズとかバッテリとか
メモとかボイスレコーダーが
全部ポケットにおさまり、
手ぶらで歩けて助かりました。

 

Diavloの定番で、毎年買い替えていました。photo:Diavlo

 

メンズブランドにも
アクティブでカッコいい系の女性なら
違和感なく使えるものがたくさんあります。
Diavloのこのタイプは
お値段の割にはよく見えるので、
毎年使い倒して、
いま使っているのは4代め。
ベルトの使いかたで背負ったり、
腰に巻いたり、旅行にもぴったり。
もちろん男性にもおすすめです。

 

■リュックのときの着こなしポイント

おとながリュックを使うときは、
スポーティに寄せすぎないようにすることです。
男性の場合は知的なカッコよさ、
女性の場合は女らしい華やかさ。

 

アウトドアタイプをそのまま背負いました、
にならないようにするには・・・

男性の場合は
「このリュックにスーツを合わせて、
違和感ないかな?」
と自問してみてください。

女性の場合は、
「このリュックに、このスタイルで
ハイキングに見えない?」
と自問してみてください。

 

自分の感覚に確信が持てなければ、
親しい方で、センスのある方に
聞いてみてくださいね。

 

大人になればなるほど、
背に負うものは多く、重くなります。
せめて手荷物くらいは
肩の荷を下ろせますように。

 

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

 

=information=

9月16日、セミナー講師のかたにもヒントになる、
印象アップ服装術についてお話しします。
くわしくは、こちらから。

セミナー講師じゃないけど、
着るものについて考え直すヒントがほしい方には、
気軽に受けられる
スタイリング・グループ・レッスン

(8、9月は50%0FFで受講していただけます。
マンツーマンで受講されたい方はご相談ください)
8月25日(火)、
9月8日(火)開催予定。

くわしくはこちら
お申し込みはこちらから。

8月中のイメージ・コンサルティング予約は
モニター価格で。
開催は9月でもOKです。

お申し込み、お問い合せは、こちらから。

※9月にコース、内容とともに価格見直しの予定です。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。