成果を出すコンサルタントと
停滞しているコンサルタントの違いは、
能力の差でも知識量の差でもないと。
その違いを直接的にもたらしているのは、
「対話の型」の有無だと。
—和仁 達也
(『年間報酬3000万円超えが10年続く
コンサルタントの対話術』より)

 

=information=
8月7日(金)に
第3回ファッション・ランチョンを開催します。
くわしくはこちら。
お申し込みはこちらからどうぞ。

 

こんにちは。
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

経営コンサルタント、
そしてビジョナリーパートナーである、
和仁達也さんの出版記念セミナーに参加しました。

 

 

 

昨年の『コンサルタントの教科書』につづき、
長期契約につながる“会話の型”を
メインに取りあげた
『年間報酬3000万円超えが10年続く
コンサルタントの対話術』です。

 

・・・が、

 

まだ店頭には出ていません。

 

8月5日発売です。

 

フライングです。

 

 

・・・こういう出版記念セミナーで、
本を買った人をご招待とか、
たくさん買った方はさらに懇親会が無料とか、
もっと買ってくださったら
対面コンサルをつけますとかいった
ビジネスモデルがあります。

 

いままでそういうセミナーに
たくさん出てきました。

 

本日の司会は、6月、『管理栄養士で自分らしく働く方法』を出版された、ながいかよさん。管理栄養士に限らず、起業した、起業したいと考えている女性全般に役立つ内容です。いつでも読み返せるようにkindle版にしたのですが、ひとつだけ失敗した・・・サインしえもらえない〜〜、笑。

 

セミナーというより、
プロモーションだなぁと感じてはいました。

 

和仁さんがタダモノではないところは、
そういうやりかたをしないことです。

 

セミナーで教科書として配布する。

 

著者として本は売りたいはずです。
読んで実践して
成果を出してもらわないといけないからです。
たくさん買ってもらって、
読むひとが増えれば、
実践するひとも増えるかもしれない。

 

でも、売った後では、
著者はそれにかかわることはできません。

 

ところが。
セミナーでテキストに使えば、
その場で実践できるので、
場合によっては、すぐに成果を出すことができます。

 

著者もその場に立ち会うことができます。

 

参加者ともシェアできる。

 

これ、
めっちゃうれしいすよね。

 

よし。
いつか出版したら、
わたしもそうしよう。

 

主催者の日本パーソナルブランド協会 立石剛代表理事。セミコンのコメンテーターとして和仁さんに参加していただいたことがご縁で始まったのが琵琶湖合宿。自分の夢を実現しながら他人の夢の実現をサポートす和仁さんと、自分が輝くことで他人を輝かせ、社会を輝かせるパーソナルブランド協会のミッションは共通点が多く、成果にこだわるところも似ています。

 

すごいところがたくさんある和仁さんなのですが、
どこが違うかというと、
そんなふうにお客さまの“成果”に
フォーカスしているところです。

 

成果を出そうと思えば、
自分でできるようにならなければ
意味がありません。

 

たとえばですが。
美容院に行った日は完璧だけど、
不器用だと翌日からは
自分でセットできなくて、
またサエないぺしゃんこの髪になるって、
女性にはありがちです。

美容部員さんは完璧にメイクしてくれるけど、
同じ化粧品を使っても、
素人はそこまでできない。

 

本人ができなければ意味がないんです。

 

そのためには、
自分でできるやりかた(あるいは型)を伝える。
そして、その場で実践してもらうのが
いちばんです。

 

お客さまに成果を出してもらいたい。
どんなコンサルタントも、
そう考えているに違いないのですが、
“もっと”
“確実に”
できる方法は、ほかにもあるんじゃないか。

そこをもっともっと深めていこう、
と決めて帰ってきました。

 

門下生スピーチその1は、5月に『エグゼクティブを見せられる体にするトレーナーは密室で何を教えているのか』を出版された角谷リョウさん。この本、わかりやすくて、とってもおすすめです。和仁さんの合宿以降、やりたいことがどんどん実現しているそう。昨年の琵琶湖合宿で同じグループでした。目的意識のはっきりしたとっても気持ちのいいナイスガイです。

 

和仁さんは、
成果を出すコンサルタントには
ふたつの共通点がある、と言います。

 

1. 他の人が見落としていたユニークな着眼点
2.そのセリフを躊躇せずに言えるマインド

 

和仁さんが卓越したコンサルタントであると同時に
きわめて優れたセミナー講師なのは、
セミナーでも

 

1. 他の人が見落としていたユニークな着眼点
2.そのセリフを躊躇せずに言えるマインド

 

が徹底しているところです。

 

門下生スピーチその2は、美脚トレーナーの金井みちよさん。みっちょんとは琵琶湖合宿で同室でした。女性4人で深夜3時頃まで、エクササイズに励んだのも楽しい想い出。カラダのクセをひと目で見抜き、的確なアドバイスをくれます。しかもノリがいい! 和仁さんの教えを実践して月収が1.5倍に。27回セミコン大阪でも優勝、活躍のフィールドをひろげています。

 

恒例の“延長戦”には
仕事の関係で参加できず、残念でした。

 

ただの感想文になってしまいましたが、
みなさんにお会いできてうれしかったので、
ご報告まで。

 

撮影:マスカケさん

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。