わたしは赤ん坊が泣くのを聞き
成長していくさまを見る
彼らはわたしが決して知ることもない
はるかに多くのことを学んでいくのだろう
そして わたしは心のなかでこう思う
なんと素晴らしい世界だろうと
—George David Weiss – G. Douglass
(『この素晴らしき世界』より拙訳)

 

こんにちは。
ファッション・プランナー/スタイリング・カウンセラー®の
やまだみゆきです。

 

YouTube Preview Image

 

総務省によれば、
1996年から2006年の10年間で、
選択情報可能量(個人が接することのできる情報量)が
530倍に達しているとのこと。
それから10年近く過ぎているので、
現在はもっと増加していると思うのだけれど、
処理できないという意味では
もうどうでもいいよね。

そんなわけで、情報を取捨選択することに疲れたり、
接するだけで疲れたりするひとが増えてるらしい。

SNS疲れは情報量の多さに
人間関係が絡むので、さらにやっかい。

情報にも断捨離とかダイエットが必要かも。

 

SNSに疲れたら本来、
解決方法は簡単。
パソコンを閉じるか、
スマホを切るだけでいいわけですよね。

それができないから
悩ましい

 

・・・のかな。

 

わたしは50歳になったとき、
これからは好きなことだけしよう。
好きなひととだけつきあおう。

そう決めました。
だってもう人生半分以上
過ぎちゃったわけで(おそらく。笑)。

 

やりたいことを先送りしてたら、
もう間に合わなくなっちゃうから。

友だちには、

「アンタこれまで散々やりたいことしてて、
まだやるか」

と言われましたが。

ひとからはそう見えるのかしら。

こう見えても、
ひとには見えないところで
いろんなことに耐えてたんだけど、
そんなことはいまさらどうでもいい。

だいじなのはこれから。

 

SNSに疲れるなんて、
若さの証拠だなぁ。
一生懸命、ほかのひとのタイムラインを
読んであげられるエネルギーがあるわけでしょ。

わたしそんなパワーないもん。
読みたくないひとのフォローはすぐ外すし、
そもそもフォローしないし。

メルマガも仕事に必要ないくつかを残して、
片っぱしから整理しているし。

ネットで新聞を読む関係で
どうしても切れない某経済新聞社系から送られてくる
大量のメルマガは、
自動的にスパムに流れるように設定してるくらい
(たまに有益なのがあるので、
ゴミ箱を消去する前にチェックするの。
アイデアのもとが見つかったりして、
これがホントのゴミ箱あさり)。

 

じつはですね・・・
東日本大震災があった頃、
東京に住んでいたんだけれど、
直後にはいろいろ情報がほしくて、
これでもかというくらい検索をしました。

うち、都内のホットスポットだったので。

 

当時はtwitterが役立ちました。
震災でも落ちなかったから。

ところがご存知のように、
あっちこっちで炎上騒ぎがおきるようになり、
当時200くらいしかフォローしてなかった
わたしのタイムラインでさえ、
罵詈雑言でいっぱいになりました。

 

それで、火種のもとになってる
アカウントはぜんぶ外しました。

 

興味がinstagramに移ったこともあり、
twitterはあまりチェックしないようになりました。

 

今は知人とファッションとアートと
文芸関係のフォローを中心に、
ときどきチェックするくらい。
わたしのタイムラインは
これ以上ないくらい平和です。
twitterは速時性があるので、
急な事故や天災があったとき、
ニュースの確認なんかにすごく便利。

そう、SNSもネットも、ツールなんです。
ツールなんだから、うまく使えばいいだけ。

ひとつ気をつけないといけないのは、
好きなアカウントだけフォローしていたら
たしかに心地いいんだけれど、
実際のところ、世のなかはそうじゃない。

自分と意見の違うひとがたくさんいて、
ときに世論はまったく違う方向に進む。

それさえわかっておけば、
フォローは外せばいいし、
腹たつひとの記事は読まなければいい。

 

その時間を自分がいま、
ほんとうにやりたいことに使おう!

 

わたしにはもう余計なことしてる
時間なんてないんです。
ムカつくより笑って過ごす時間を増やしたいし、
自分のまわりのひとにも
優しく、明るく、おだやかに接したい。

 

目の前のひと、いまの時間、
そっちを大事にしたいなぁ、と思っています。

 

スクリーンショット 2015-06-23 11.21.26
サッチモの名曲、
誰もが知っていると思います。
歌詞もすばらしい。
わたしはいつもこれを読むと泣けてしまいます。

 

では、本日もアドバンストな一日を、
この素晴らしき世界で。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。