生きる。
(ステビアの花言葉)

 

 

おはようございます。
ファッション・プランナー/スタイリング・カウンセラー®の
やまだみゆきです。

 

きょうは所用でこれから東京です。
新幹線のなかで書いています。

 

先日、庭のソムリエ・石坂さんのセミナーに参加して、
ワークでいただいたステビアがすくすくと成長中。

 

5/23 市民交流センター東淀川 石坂さん、ピントが甘くてごめんなさい。

 

昨日の夕食のサラダにちょっと散らしてみました。

 

 

これまた先日、阪急の沖縄展にて
泡盛マイスターの伊藤さんおすすめで購入した
くめせんピーチを炭酸水で割って「カリー!」

 

6/14 阪急うめだ店 かわいい沖縄展 左の別嬪さんはブライダルコーディネーターの田中千鶴さん。

 

おふたりとも、
伝えたいメッセージがあって、
本業のお仕事とともに、
セミナー講師として活動していらっしゃいます。

 

わたしのまわりには、
そういう方が多いです。

業種、業界は違っても、
メッセージを持っておられる方から
学ぶことはとても多い。

 

そしてメッセージが明確だと、
誰かに紹介したくなります。

 

こんなひとを探してるんだけど・・・
こういうことできるひと、知らないかな・・・

 

そう言われて、パッと浮かぶひとは、
メッセージを持っているひとなんです。

 

メッセージは、キャッチフレーズと言い換えてもいい。

そして、メッセージは言葉だけではありません。
装いだってメッセージです。

 

石坂さんや伊藤さんの半纏は、
メッセージそのものの装いですよね。

 

初対面のひとは、
あなたが何歳で、どんな仕事をしていて、
どんな生活をしていて、年収がいくらぐらいで、
どんな信条をもってるかなんて
わかりません。

 

それを判断するのは、外見です。

 

人間はもちろんナカミが大事に決まっています。
ただし、
それが外見に表れていなければ、伝わりません。

わたしがよく言うのは、
完璧でなくていいということです。

おしゃれなひとをめざしてもいいし、
めざさなくてもいい。

 

大事なのは“じぶんらしい”こと。

 

だけど、じぶんらしさを
服装で表現できるようになると、自然と

「素敵だね」
「きれいね」
「おしゃれね」

と言われるようになります。
着こなしに自信がつくからです。

 

洋服はお金があれば買えますが、
服装でじぶんらしさを表現するルールは、
学ばないと身につきません。
だけど、ルールはロジック(論理)なので、
センスはあまり関係ありません
(もちろんあったほうが有利です)。

 

いまさら日本一とか地域一番とかは無理だけど、
同窓会で「昔よりきれい」と言われたり、
部署でいちばんイケてる課長、
参観日にいちばんカッコいいお父さんくらいなら
誰だってなれる。

 

何歳からでも大丈夫です。
だって、じぶんとは一生のつきあいだから。

 

さて。
ステビアの写真を載せるために、
花言葉を調べました。
あまりにも“どまんなか”で、
言葉に詰まりました。

 

“生きる”

 

ステビアの原産地は南米・パラグアイ。
16世紀頃から心臓病や高血圧など、
医療用に使用されてきたようです。
薬のない時代には、貴重な薬草として、
多くの人を救ってきたのでしょう。

全草に砂糖の200倍以上の甘み成分が含まれているため、
いまでも糖尿病患者用メニューなど甘味料として使われています。

低カロリーなので、ダイエット食品や
ダイエットコーラにも利用されています。

Flyingbikie / Pixabay

 

葉を煮出してシロップにもできるようです。
乾燥させれば保存もできるようなので、
今度試してみます。

 

植物から教えられることも多いですね。

おしゃれすることで人生が楽しくなる。
装いを変えて生きる力が湧いてくる。

ステビアのようなメッセージを発信できる、
スタイリストでありたいです。
石坂さん、すてきなハーブをありがとう。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。