本来だれもが自分の世界観を持つことが
必要なのではないでしょうか。
それによって自分の人生を生きていくわけですから。
ビジネスのためにも自分の人生のためにも。
—ジェイ・エイブラハム

 

モデルスクール・センスの撮影会がありました。

 

一般女性向けに、
モデルのさまざまなノウハウを学ぶ、
半年間のプレミアムコースの仕上げです。

7人の同期生が
「これが最高の自分」
「これが自分らしいスタイル」
という装いでプロのフォトグラファーに
撮影してもらいます。

こういうスクールや講座でなくても、
一般のひとがプロのカメラマンに撮影してもらう機会って、
数年前に比べたら、とっても増えましたよね。

ひとつはSNSの普及、
もうひとつは顔写真入りの名刺が
一般的になったからでしょう。

とはいえ当日、カメラの前に立って、
“自分らしく”と思っても、
撮影に慣れていないかたは、
笑顔もぎこちなくなりがちです。

だったらいっそ、
将来、なりたい自分になりきってみませんか。

 

IMG_0130

 

仕事で撮影のディレクションをすることも多々あったので、
ポートレート撮影をする際に、
やっておくといいことをあげてみます。

一見、難しそうな単語が並ぶけど、
じつは!コスプレなんです。

1)目的を明確にする
2)人物像をつくる
3)世界観をつくる

 

今回の撮影でいうと・・・

写真は、ブログのトップページに使用するのが目的です。
名刺やフライヤーなど
販促ツールにも使うかもしれません。
だからひと目見てインパクトがあるものにしたい。

わたしはコーディネーターとして、
パーティや発表会などの衣装、
晴れの日の華やかな装いや
日常のなかでも特別感のあるスタイリングが
もっとも得意です。

ダンスが趣味でもあるので、人物像は、
ステージを終えたショーガールってとこかな。
ステージネームは“クリスタル”。

彼女は、舞台の千秋楽で存分に踊り、
一緒に踊った仲間と祝杯をあげた後、
ひとりになりたくて、
いつものお店にふらっと寄った感じ。

IMG_0128

クリスタルは、ポールダンスの先生の命名です。

 

彼女はとても充実している、
ほっとしている、
でも祭りが終わった後の一抹の寂しさもある。
お客さまと仲間に囲まれてしあわせだけど、
レッスンは地味で、怪我との闘いだったりします。
そんなイメージ。

もうね、自分が楽しくなるように
妄想をガンガンふくらませていきます。
考えただけでウキウキしてくるくらい、
細部まで具体的に!

 

そんな“クリスタル”になるために、
選んだのはキラキラしたスパンコールのジャンプスーツ。
すっごくゴージャズだけど、
じつはZARAのクリスマス限定商品なので、
見ためよりリーズナブルです。

そのぶん、アクセサリーはちょっといいものを使いました。
ネックレスとおそろいのイヤリングはimac、
彫りが凝っている大ぶりのバングルはゴルチェ。
そして忘れちゃいけないのが、
フォッシースタイルのダンスに欠かせない、
黒のダービーハット。

 

paco00

場所は神戸のとあるカフェです。

 

このスタイリングは、
事前に撮影場所としてカフェの写真を見て、
椅子の背に帽子を引っかけられると思って決めました。
演目でいうと、“CHICAGO”のイメージ。
そういう世界観です。

 

人物像、世界観ができあがっていたら、
カメラマンに伝えます。
自分のなかでここまでできていれば、
撮影はすぐ終わるでしょう。

 

なりたい自分になるって、
まさにコスプレの感覚でしょ。

ただし、コスプレするのは、
“夢をかなえた”あなた自身の姿。

最後に大事なこと。
ここまでやったら、あとはもうジタバタしないで、

なりきる!
照れない!

言っておくけど、なりきると
だんだん楽しくなってくるから。

 

「プロフィール写真、どうしよう」ってときは、
こんな感じで自分コスプレをお試しあれ。

そしたら、ほんとにそうなれるから!

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。